リングラトルのつくりかた

リングラトルの作り方

すべすべの木の肌触りと、キラキラのビー玉
を組み合わせた『リングラトル』。
木のおもちゃ飛鳥工房で一番人気のあるがらがらです。

ショールームや展示会でお客様にいつも質問されることがあります。

「これどうやってビー玉を入れているの!?」

そうか!みなさん、つくる工程を見たいのでは!?
それで製作途中のラトルをご紹介します!

ビー玉、キラキラです♪ そして、木の部分はというと、、、

パカッ!

右側の木と左の木のパーツをくっつけます。
4つ、小さい穴が空いていますよね?
入っているのは、、、

小さな木のダボです。これでずれずにしっかり接着できます。
これに木工用ボンドをつけて、機械で圧着します。

いよいよ研磨。
まだ形を作っただけなので、表面はボソボソ。
これを細かい研磨を繰り返してつるつるに仕上げます。
まずは張り合わせた状態。

かなりボソボソです。
そして内側を研磨します。

真ん中の軸が回転しているのでそれにラトルの内側の木を押し付けて
研磨をしていきます。
このあとは外側の研磨を、研磨紙の荒さを変えて何度も研磨。

そして塗装。
乾いたら木馬マークを入れます。
これで完成です!

そして、ご要望のあったお名前をレーザー加工で入れます。

飛鳥工房の木のおもちゃは
オリジナルの『お名前入れ』(別途¥1,000~・税抜)ができます!
世界にひとつだけの木のおもちゃを
ご出産のお祝いなどにいかがでしょうか?



リングラトルのページはこちら