ストーリー

ストーリー

こどもに笑顔を届けるおもちゃ作り。

それは娘 『飛鳥』 のために、木馬をつくったことからはじまりました。

娘の飛鳥が産まれた当時、飛鳥工房は家具のつまみや取っ手を木で作る工場でした。

小さなものを研摩して、丁寧に仕上げる。
安心して遊べるおもちゃを作る技術はすでにありました。

娘の笑顔を見たい。
親の自分たちが安心して与えられるおもちゃは、 自分たち自身で作ったおもちゃだと思いました。

すべすべに磨いた木と、安心の塗装。
自分たちの作った木のおもちゃなら大丈夫。

飛鳥工房のおもちゃはそんな思いから生まれました。