出張おもちゃ屋さん-vol.2-

こんにちは!飛鳥工房の中尾です。

今日は昨日の続き。
りんでん保育園さんのレポート第2弾です!

昨日は年少さん(1歳から2歳)のレポートでしたが、
今日は年中さん!(3歳から4歳)

年中の子どもたちは、大人の人にも少し慣れているらしく、
すぐに年少さんが遊んで散らばったおもちゃたちで遊び始めました。


 

やっぱりハンマートイは人気です!
でもこの子たちはハンマーで叩くのではなく、、、、


力ずくで押すのが好きなんです!
えぇー!!!そうなんだ!おとなしいのかな!?
いや、男の子だけでしたが。
もしかしたら、力自慢!?

そしておもちゃ箱にすきなつみきや車をいれて、
ダッシュ!ダッシュ!ダッシュ!


飛鳥工房のショールームもこんなに広い場所ではないので、
広々した大空間で遊ぶと、よりのびのび遊べるんだと思います。
改めて、スケールを変えるだけでのびのび遊べる環境が作れるんだなと
思いました。
いつか裸足でめいっぱい遊べる公園みたいなショールームができたら
いいなぁ、とMIKIと一緒に妄想しているのです♪

妄想はさておき、、、
そして、一番人気の木馬!


うーん。奪い合っとります。

体を寄せて、寄せて、寄せて。
にらみを利かせて奪い取ろうとしているのですが、
笑顔で応戦!

くぅ!!!笑顔には勝てないっス。

そしてお別れの時間。
保育園の白ーい階段の壁面にはものすごくかわいい動物の絵が!


こんな動物たちがいたら、子どもたちが楽しく名前を覚えられますよね!?

MIKIブログでも書いてありますが、りんでん保育園をご紹介いただいたのは
グラフィックデザイナーの先崎哲進くん。(実は私の同級生です。)
この壁面のデザインは彼の作品なのです。
「TETUSIN」というブランド名で活動してあります。
彼のお仕事はこちら
先崎くんから園長先生をご紹介いただいて「出張おもちゃ屋さん」を実現
することができました!本当にありがとう!

最後に園長先生から、いろいろなお話を伺いました。

保育園内の安全を守るために、玄関に電気錠を取り付けていること。
たくさんのこどもたちがばい菌に感染しないように、
飲み水なのにきちんと殺菌ができるお水を使ってあること。
こどもを育てる環境が、日本はまだまだ遅れていること。
(政治や行政の面で。)

「いのちをあずかる保育園だから。
いろいろな角度から”人”を育てるネットワークを作りたい!」と。

私たちも微力ながらお手伝いができればいいな、と思っています。

それでは。中尾でした!