出張おもちゃ屋さん-vol.1-

こんにちは!飛鳥工房の中尾です。
やっとレポートです♪

今回出張おもちゃ屋さんに行った保育園は、
福岡県前原市にある「りんでん保育園」さん。

昨年の1月にお伺いした佐賀県多久市の
「さくらんぼ保育園」さんに続いて2回目の出張おもちゃ屋さんです!
1回目と同じく、副社長のMIKIさんと一緒に訪問しました!

朝10時到着!
子どもたちのすっごく元気な声が聞こえてきました。
それもそのはず!
今日プール開きだったらしいんです。
なんかワクワクドキドキした気持ちでインターホンを押します。

表札もかわいくって思わず写真に撮っちゃいました。


 

遊んでもらうお部屋は3階の多目的スペース。
雨の日や、行事などを行うそうです。
いつものおもちゃも置いてありました!
おままごと遊びの道具たち。上手に収納してあります。


まずは、年少組さんを呼んで、遊んでもらうことに。

ホールに入った瞬間、みんなちょっと緊張した様子。
みんな知らないお姉さん(自分たちのこと!)たちに人見知りしています。
そうだよね、ビクっとするよね!?

でも、園長先生はじめ、園の先生たちが和ませてくれて
みんな遊び始めました。
ありがとうございます。

どうやって遊ぶんだよ、とか何にも言わず、ただただ
子どもたちが遊びたいおもちゃを、遊びたいように遊んでもらいました。

まずは、入った瞬間にくるまに飛びついた男の子!
欲しい物を手に入れて、いい顔してます。
(ちょっと悪巧み考えてない!?)


ぶぅー。私の所まで持って来てくれました♪
はいはいしながらずーっと車をもってあそんでました。


そして人気の木馬。
みんな木馬に乗った経験はあまりないみたいで、最初はビクビクしてました。


さいしょは先生に乗せてもらっておそるおそるチャレンジ!
うまく乗れるかなぁー、と心配していたのですが、、、。


ぜんぜん心配いりませんでした♪
とっても上手に乗れるようになりました。
先生たちも、子どもたちの意外な反応に新しい発見!をされたみたいです。

あと、「ハノイの塔」というゲームも、ゲームで遊ぶのではなくて
穴に通す遊びとして遊んでくれました。
ちいさな穴に通して、手先を器用にする学習にもいいですね。


 

さぁ、次はちょっと大きな年中さん。
どうやって遊んでくれるんだろう?

続きはこんど。
中尾でした!