今日はつみきをつくっています。

こんにちは。
飛鳥工房の中尾淳子です!

木曜日、飛鳥工房の塗料、リボス社の「クノス」が5缶も届きました。


5リットルが5缶、、、。飛鳥工房で製造する半年分くらいでしょうか。
4月からリボスが10%値上げになるので、駆け込みで発注しました。
ヨーロッパから輸入しているので、輸送費などでかなり価格があがったのでしょう。
ですが安心なので使っています。

この塗料は、亜麻仁オイルが主な原料。みなさんがご自宅で使ってある
サラダオイルやオリーブオイルと同じ系統の塗料です。
木の呼吸を妨げず、しみ込んでいくタイプのオイルです。

ですが、塗りたてはちゃんと水を弾きます。
ほら、サラダオイルと水は分離するじゃないですか?
それと同じ原理です。
(※半年以上たつと、すこし効果が薄れてきます。
メンテナンスはご自宅のサラダオイルorオリーブオイルで塗って
しっかり拭き取ってあげてください。そして乾燥を待つこと一日。
つやと水弾きの良さが戻ってきます。)

この、オイルを使って、、、。
今日はつみきを製造しています。


ご紹介する職人は2人。
山口有喜と山口恵美奈です。

山口有喜(ユキ)と山口恵美奈(エミナちゃん)は高校のころの同級生。
まだ20代前半の二人です。
ですがユキは職人歴5年の中堅。
研磨はユキにまかせておけば安心です。

エミナちゃんは今月から職人として入社した新人。
まだ現場には慣れていないので塗装からはじめています。

まずはユキの研磨の様子。


3cm×3cmにカットした、一番小さなつみきの小口と呼ばれる部分を
一個ずつ研磨しています。
ちょっとした力の入れ具合で平行に磨けなくなるのでとても技術がいります。
職人技ですね。

そしてエミナちゃんはリボスで塗装。


 


こちらも一個ずつふきあげて乾燥させていきます。
あ、エミナちゃんの顔が写ってませんね、、、。
また今度お仕事紹介のお楽しみ!

こうして飛鳥工房のつみきは出来上がっていきます。
まぁ、これで終わりじゃないんですけどね。
次はまた次回。

それでは、中尾でした!